血圧は朝と夜どちらに計るといいの?

普段着の血圧の重要性

自分の血圧を知っておくことは、病気の早期発見にもつながります。
そのため家庭での血圧測定をする方も増えています。
その際、血圧は朝と夜どちらに計るといいのか疑問に感じる方もいることでしょう。
血圧は一日のうちに大きく変動するものです。
朝起きてから段々上がりはじめ、日中の活動によって高くなっていきます。
そして夜に向けて下がっていき、睡眠中は低くなります。
また食事や飲酒、喫煙やトイレの時にも大きく変動するものです。
こうした時間や状況によっても差がでてくるため、定期的に同じ条件で計れる家庭での血圧測定が大切になってくるのです。
ではいつ計ればいいのかというと、一般的には朝と夜の両方計るのが良いと言われています。
朝は起床後1時間以内に、トイレを済ませてからリラックスした状態で計ります。
食後だと血圧の変動が激しいので食前に計りましょう。
夜は食後、入浴直後は避けるようにして、就寝前に計るといいでしょう。
何れの場合も、座った状態で1,2分安静にしてから計りましょう。
なるべく同じ時間に同じ状態で計るようにすることで、自分の血圧の平均値が見えてきます。
血圧は日常生活の中でも大きく変動することを理解した上で、朝・夜の血圧測定を習慣としましょう。