美人高血圧の正体

高血圧の症状がある人が多くなっています。
特に年齢を重ねるごとに、その数も多くなっています。
高血圧であるということは、単に血圧が高いという症状だけではなく、そのほかにたくさんの病気を引き起こすリスクになっていると言うことを、しっかりと頭に入れておくことが大切です。
血圧が高いと言うことにはさまざまな種類がありますが、大きく本能性と2次性の2つに分けることができます。
本能性とは、その原因がはっきりとわかっていなくて、さまざまな原因が複合して起こるものを言います。
2次性とは、原因となっている病気がはっきりとわかっている場合を言います。
しかし血圧が高いと言われている人の9割は、この原因がはっきりとわかっていない本能性に分類されます。
本能性のものの原因とされるのは、遺伝や食事や加齢、ストレスやアルコールやたばこといわれています。
またこのほかに仮面高血圧や白衣高血圧というものがあります。
これらは実際には血圧が高くないのに高いと診断されてしまったり、その逆で実際には血圧が高いのに血圧が高くないと診断されてしまうようなことを言います。
よく美人高血圧という言葉を聞きますが、この美人高血圧の正体とは、きれいな人を目の前にすることで、緊張してしまい血圧が上がるということなのです。
したがって病気や食事や遺伝などとはあまり関係がありません。
白衣を着た医師を前にすると、緊張して血圧測定の時に高い値が出ると言うことと同じなのです。
血圧測定の前には、できるだけ深呼吸をして気持ちを落ち着かせてから測定をするようにします。
高血圧の薬は研究が進んでおり、現在ではノルバスクという薬が使われています。
この薬を服用するときには、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、その効果が強くなりすぎるので注意するようにします。
メインテート5mgと10mgを購入して脱高血圧